Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    « "UNICORN": 渡辺香津美 | トップページ | "Love Love Love": SAKURA »

    2006年1月23日 (月)

    "Endless Summer Nude":真心ブラザーズ

    世の中では、「ホリエモン」「ライブドア」と大騒ぎしていますが、まったくおかまいなしに今日も曲の紹介です。

    この曲は私の大好きな 市川準 監督の「大阪物語」の挿入歌として知った曲で、それまで"真心ブラザーズ"のことも名前ぐらいしか知りませんでした。映画中でこの曲は、主人公の二人が大阪の町を自転車で疾走している映像のバックで流れるのですが("BU・SU"をはじめ、市川監督は映画の中に意図的にこういう「PV」風の部分を入れるのが好きみたいです)、これがまたとっても「青春」していて、不覚にも涙しそうになりました。

    曲は真心のヒット曲「SUMMER NUDE」をアレンジしなおしたものですが、CHOKKAKU氏のアレンジがとても光っています。一連のSMAPの作品でもそうですが、CHOKKAKU氏のアレンジはむちゃくちゃカッコよく、センスよく、かつ「売れる」アレンジをついていて、よい意味でとっても「職人的」だと思います(最近だと、嵐の「WISH」もそうですね)。日本でも有数の職業アレンジャーではないでしょうか。

    演奏的には、Drが宮田さん、ベースが小松さん(だったかな?うろ覚え)でオリジナルラブコンビで、文句なくカッコイイです。

    このアルバム、真心のアルバムの中では逆に洗練されすぎの感はなきにしもあらずですが、佐野さんの参加の曲もあったりと、「真心初心者」の私にとっては聴きやすく、愛聴盤です。

    I will Survive
    真心ブラザーズ 真心ブラザーズ 桜井秀俊
    B00005G5Z5

    memo: 20060123_01

    « "UNICORN": 渡辺香津美 | トップページ | "Love Love Love": SAKURA »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8179/476526

    この記事へのトラックバック一覧です: "Endless Summer Nude":真心ブラザーズ:

    « "UNICORN": 渡辺香津美 | トップページ | "Love Love Love": SAKURA »

    最近のトラックバック