Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    « 2006年1月 | トップページ | 2008年1月 »

    2006年2月 1日 (水)

    "Rock With You": Quincy Johnes

    この曲も前のエントリーと同様、打ち込みに感銘を受けた曲です。店頭でCDを試聴したとき、5曲目のこの「Rock With You」のイントロを聴いただけで、背筋がぞっとしました(大げさですが、ホントにそうだったんです)。それぐらいカッコよくてしびれました。

    何がカッコいいかって、音の選び方、特にリズム系の音(バスドラ、スネア等)とビートのマッチングが絶妙なのです。このGrooveは、逆に打ち込みでしか出ないと思います。

    リズムパターンはいたってシンプルな8ビートなのですが、よく聴くといろいろな音をうまく組み合わせていて、ビートを出しています。例えば、バスドラにしても、硬いバスドラの音と、808系のリリースの長いバスドラの音を重ねてビートを組み立てています。

    誰がプログラミングしたのかなと思ってクレジットを見ると、"QDIII"と書いてあります。私は知らなかったのですが、Quincyの息子さんなんですね。このセンスはほんとに天才的だと思います。「蛙の子は蛙」ということでしょうか。

    リズムのプログラミングの話ばかり書きましたが、他のパートのアレンジも練りに練られていて無駄がありません。まさに職人技のアレンジです。

    Q's Jook Joint (Reis)
    Quincy Jones
    B000A2H8X0

    memo: 20060201_01

    « 2006年1月 | トップページ | 2008年1月 »

    最近のトラックバック