Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    « Garmin nuvi250 | トップページ | 駐輪場 »

    2008年2月 8日 (金)

    Capsule - Sugarless Girl


    中田氏ネタです。

    中田氏の一連の仕事を聴いていて、「すごいなぁ」と関心するのが「メロディーのよさ」です。

    「よさ」の定義はいろいろあると思うのですが、ポピュラーミュージックの場合は、「キャッチーである」というのが「よさ」の評価軸の1つになるかと思います。

    中田氏の作るメロディーの大きな特徴は、「反復の中の変化」です。
    この「Sugerless Girl」のサビのメロディーにも端的に現れているのですが、メロディーのリズムパターンはずっと同じ(八分休符→八分音符→八分音符)で、そのなかの音程を少しずつ変えていくことにより変化を出しています。
    それにより、リズムパターンが一定なので覚えやすく、かといって単調でなく心に引っかかるメロディーになっているのだと思います。
    その証拠に、うちの子たちはこの曲を一発で覚えました。

    例えるならば、特定の幾何模様を少しずつずらしてテクスチャーを形成しているグラフィックアートを見ているようなメロディーです。
    こういうのを、「サラッと」やってしまうところが、中田氏の非凡なところではないでしょうか。

    中田氏は、そのサウンドのスタイルから「テクノの人」といわれているようですが、こういうメロディーセンスから察するに、「テクノの皮を被った、スーパーメロディメーカー」だと思います。

    余談ですが、ちょっと方向性は違いますが、敬愛する音楽家の久石譲さんも、「ミニマルの皮を被ったハイパーメロディーメーカー」という意味では、共通点を感じる気もします。


    今日のSomethingNew:
    27. Audible 再開検討: 勝間本の影響です。「投資」になりそうなコンテンツがあれば、登録します。

    « Garmin nuvi250 | トップページ | 駐輪場 »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8179/10322496

    この記事へのトラックバック一覧です: Capsule - Sugarless Girl:

    « Garmin nuvi250 | トップページ | 駐輪場 »

    最近のトラックバック