Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    « 決勝前日 | トップページ | 桜シャンティ »

    2008年2月28日 (木)

    「プロ」と「アマ」の一線

     Nec_0021s

    こちらに詳しくレポートがあるように、先日「津の街音楽祭」の決勝戦が開催され、我が551StreetBandも参加してきました。
    下記の記事にもその模様が少し掲載されています。

    asahi.com:バンド合戦「津の名物に」-マイタウン三重
    http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000802250010

     

    結果は残念ながら賞をとるには至りませんでしたが、個人的には色々といい「勉強」をさせてもらいました。

    今回、一番感じたのは「プロ」と「アマ」の一線はどこに引かれるのか、という点です。

    「津の街音楽祭」の応募条件とて「プロを目指すアマチュアミュージシャン」がありますが、確かに今回決勝に残ったミュージシャン方の音を聴くと、みなさん楽曲・演奏のレベル的にはかなりのレベルに達していて、誰が「プロ」になってもおかしくないと感じました。
    正直、今まで参加させてもらったコンテストの中では、一番レベルが高かったと思います。

    今までも漠然と、音楽でプロになるってどういうことなんだろう?と考えていたのですが、イマイチしっくりする答えが見つかりませんでした。
    お金をもらって演奏する人? 仕事として音楽やっている人? 音楽で有名になった人? 音楽プロダクションに入ったらO.K?、、、どれも直接的な答えになっていないように感じます。
    で、今回参加されていたミュージシャンの方々の姿勢を見るにつけ、その線引きがハッキリわかったような気がします。

    私なりの答えは、プロのミュージシャンの必要条件とは「(自分以外の)人の心を音楽で動かそうとしている」です。
    もっと簡単に言うと、「プレイが内に向かっているか、外に向かっているか」です。もちろん、外に向かっている人が「プロ」の要件を備えているということになります。

    考えてみれば当然で、「プロ」すなわち職業として音楽を続けていくためには、他人から代償(たとえば金銭など)を得る必要があるわけですが、そのためには代償に値するバリュー、たとえば「感動」や「快感」を聴く人に対して(人間関係に頼らず)音楽をもって提供しなければなりません。
    裏返せば、いくら曲がよくても・演奏がうまくても、それが人に対してバリューを提供できない、すなわち他人の心を動かせられなければ、それはただの自己満足で終わってしまいます。この場合、他人とのかかわりはここまで。当然代償も得られません。すなわち「アマ」です。
    典型的な「アマ」の例が、カラオケですね。学園祭での演奏やおじさんバンドのライブも似たようなもんです。自分で曲作って人前で演奏してチケット売っても、結局は「自己満足」が中心になってしまっているのですね。

    今回、楽屋やステージで他のバンドさんの様子を見てていて、自分との差を一番感じたのがこの「外向き」な姿勢です。たとえば、トリをつとめた「FondAmonDe」さんは、待ち時間の間、楽屋の鏡に向かってみんなでずーっと今回のステージ用に振り付けを考えたり練習したりしてました。津の街の観客を楽しませようとする一心で。

    審査員の方々は百戦錬磨の方々なので、このあたりを姿勢を一発で見抜かれたのでしょうね。
    確かに、賞をとった方々は、曲・演奏・パフォーマンスにおいてこの「外向きさ」が頭ひとつ抜き出ていたように思います。つまり、「プロ」にもっとも近い人達が選ばれた。

    我々もこのあたり、まだまだ見習う必要がありそうです。精進精進。
    次回に向けてこの経験を生かして行きたいと思います。

    ホント、若い人達にエエ勉強させてもらいました。ありがとうございました。

    « 決勝前日 | トップページ | 桜シャンティ »

    コメント

    先日はお疲れ様でしたhappy01
    結果、残念でしたねー。
    気持ち切り替えて、次回へ向け頑張りましょうね~good

    そうですね、次に向けてさらにパワーアップしていきましょうか。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8179/10804971

    この記事へのトラックバック一覧です: 「プロ」と「アマ」の一線:

    » 津の街音楽祭 決勝戦 参加報告! [abouttimes日記]
    我ら551 STREET BAND、津の街音楽祭の決勝戦に参加してきました。 決勝進出バンドメンバーは三重県津市の榊原温泉「清少納言」に宿泊ご招待!という事なので、メンバー家族も入り乱れての参加となり前日は深夜2:00までの大宴会 いやー飲みました 楽しかったですー当日...... [続きを読む]

    « 決勝前日 | トップページ | 桜シャンティ »

    最近のトラックバック