Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    « 祝!予選通過 | トップページ | 誰より好きなのに - 古内東子 1998 »

    2008年2月 1日 (金)

    コイスルオトメ - いきものがかり


    今日、東京出張の新幹線のなかで聴いてました。
    この曲が入っている「桜咲く街物語」、去年のヘビロテアルバムの1つです。

    私、「ゆず」や「コブクロ」など、フォークの薫りがする系統はあまり得意ではないのですが、この「いきものがかり」は結構私のツボにはまってます。

    Voの声が好きなのもありますが、曲がとっても「ポップ」なんですね。
    メロディーラインとか、コード進行とか、歌詞の内容とか。それがVoの声とうまくハマッていて、メローな曲でも、アッパーな曲でも、とっても心地よいです。

    この「コイスルオトメ」もすきなのですが一番すきなのは、「KIRA★KIRA★TRAIN」という曲です(残念ながらVideoが見つかりませんでしたが)。佐野氏のドラムも冴えてて、爽快な仕上がりになっています。

    ちなみに、この「コイスルオトメ」のPV、曲を聴いてイメージしていた風景とは結構違うんですが、これはこれで、なかなか「胸キュン」な感じがして、「一本とられた」って感じがします。

    余談ですが、年末の紅白見てて思ったのですが、「あみん」とか、今更な人をわざわざ引っ張りださないで、こういう若くていい歌作っている人をもっと積極的に出せないものなんですかね。

    「老若男女に楽しめる」という方針はわからんでもないんですが、ちょっとパフォーマンス重視過ぎる気がします(もっとも、オファーがあっても本人たちが嫌がるかもしれませが、、、)。


    今日のSomethingNew:
    18. 週刊アスキー2/12号: 初めて真剣に読みました。レコード探すことを「DIGる」って言うんですね。私ももっとYouTubeでDIGります。

    19. 「レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)」:最近ちょっとこの手の本読みすぎかなぁ。

    « 祝!予選通過 | トップページ | 誰より好きなのに - 古内東子 1998 »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8179/10180311

    この記事へのトラックバック一覧です: コイスルオトメ - いきものがかり:

    « 祝!予選通過 | トップページ | 誰より好きなのに - 古内東子 1998 »

    最近のトラックバック