Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    « Windows Live Writer | トップページ | 政治の街 »

    2008年3月 2日 (日)

    24th Street Band

    我々のバンドは「551 Street Band」という名前ですが、その名前の由来の一部となっている(らしい)のが、「24丁目バンド」です。

    24丁目バンドといえば、70年代後半のいわゆる「クロスオーバー全盛」の頃、Gt: Hiram Bullock, Key: Clifford Carter, Ba: Will Lee, Dr: Steve Jordan という、名前を聞いただけでノケ反ってしまうようなEast Coastの凄腕ミュージシャン達で結成されたバンドです。
    私はリアルタイムでは体験していないのですが、高校時代はフュージョン小僧でしたので、その頃聞いていた記憶があります。

    さすがに、「24丁目」というだけあって、とっても「ニューヨーク」な音がします。
    #具体的にどこが「ニューヨークやねん?」聞かれても困るのですが、、、

    サンプル音源は、たとえば、こちらにあります。

    クロスオーバーとはいえ、さすがHiram Bullock師匠、歌、演奏とも歌心満載です。歌もいいですが、ギターソロも相変わらず歌いまくってます。ロングトーンひとつでも歌えるのですから、すごいですよね。
    #ちなみにこの頃は近年のように巨大化されていなかったようで(^_^;

    もちろん、Steve Jordan師匠のドラミングもうねりまくってますし、Will Lee師匠のスラップもビシバシきてます。

    このバンドのように、演奏テクニックを目的化せず、それをきちんと「歌」に昇華できる、というのがもっぱらの私の理想です(あたりまえのことなのですが、なかなか難しい)。

    ちなみに、私の大好きなアルバムの1枚である渡辺香津美の「TOCHIKA」も、この時期(1980年)だったと思うのですが、共通しているのは「都会感」というか、今のFusionとはまた違う洗練感で、この頃のサウンドテイストがとっても好きです。

    ちなみに上のVideoは、Sly Stoneが、Hiram Bullock, Will Lee, Steve Jordanをバックに、Slyの曲を演っています。とっても貴重な映像だと思います。ほんとシビレますね。

    今日は、「TOCHIKA」を聴いて寝ます。Good Night。

    # それにしても、24丁目バンドからバンド名を拝借するなんて、なかなか粋ではないですか。さすが我がバンマス、音楽がよくわかっていらっしゃる(私が言うのも僭越ですが)。

    « Windows Live Writer | トップページ | 政治の街 »

    コメント

    そうだったのか・・・
    初めて知った551StreetBandの由来。

    この前の宴会の席でバンマスに確認しました。実はバンドに応募した時、バンド名聞いてかなりびびってました。きっと凄腕軍団なんだろうなと。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8179/10866594

    この記事へのトラックバック一覧です: 24th Street Band:

    « Windows Live Writer | トップページ | 政治の街 »

    最近のトラックバック