Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    « 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

    2008年7月30日 (水)

    love the world - Perfume

    Blogを休んでいる間に、すっかりPerfumeもブレークしましたね。嬉しい限りです。

    遅くなりましたが、「love the world」に関する雑感です。
    最初聞いたときは、「ふ~ん」って感じでいまいちパンチが足りなく感じたんですが、何回か聞くうちに良さが分かってきました。

    サウンド的に一番印象に残るのは、「80'sテクノポップ風(?)」なキャッチーなサウンドメークでしょうか。イントロのリフのリード音、パッドの音色、そして、LINNドラム風のスネアなど、当時リアルタイムでハワードジョーンズやマドンナ、A-haなんかのサウンドに胸ときめかせていた世代にはたまらないのではないでしょうか(ほんと、ポップス黄金時代だったと思います、回顧主義ですが、、、)。 でも当時はこんな下品ないわゆる「Perfumeベース」の音色は使っていなかったと思いますので(DXベース全盛の頃でしたね)、この辺は新しいですね。
    中田ヤスタカ氏はほんとにこういう、「古くて新しい」音作りが実にうまいですね。音色の重ね方なんて神業だと思います。

    でも最近気になるのは、アミューズ(徳間ジャパンさん?)さんの戦略です。
    Perfumeは、中田ヤスタカ氏の完全家内手工業による高品質の楽曲やダンス、キャラクターなどのコンテンツの質が、タイアップなしでYouTubeなどのネット媒体を通じて広く認められ大ブレークした、まさにネット時代におけるチープ革命の寵児なわけですよね。まさに新たなコンテンツ制作・流通の幕開けなわけです。
    なので、ブレーク後も、いろんな意味で新しいことにどんどん挑戦していって欲しいと、ファンの一人としては強く思います。

    たとえば、パッケージ販売なんて古いことやめて、iTunesやAmazonでDRMなしで曲(Video)をがんがんリリースするとか、プロモーションをTVなどのマスメディアに頼らず製作者自らYouTubeなどを活用して積極的に行うとか。

    現状はその逆で、TVでの露出を積極的に行う反面、音楽配信はやってないは、YouTubeの楽曲はどんどん消えるはで、かなり保守的なやり方になっているように感じ、残念です。(まぁ、しょーもないバラエティ番組の餌食に今のところなっていないのが、せめてもの救いですが)。

    アミューズさん、せっかくなのえこのあたり、もう少しがんばってもらえないでしょうか。
    この日本音楽界の奇跡が、できるだけ長く続くことを切に願います。

    2008年7月28日 (月)

    HP2133

    P1090354

    どうもご無沙汰しております。Blog再開します。

    先日、予約注文していたHP 2133 Mini-Note PCが到着しました
    以前から、いわゆるミニノートPCを物色していたのですが、会社で使っているLet's note CF-Rは個人で買うには手が出ず、EeePCでは機能的にあまりにプアすぎて、結局保留状態が続いていました。
    が、HP  2133発表以来、これだ!と発売を待ちに待ち、やっと入手でき嬉しさもひとしおです。

    余談ですが、TC1100、iPAQ RX3715と「自然に」HP製品のヘビーユーザになっていたのですが、今回も「結果的に」HPの製品に行き着いたわけです。HPさん、しっかりとこだわりのある製品を作ってくれるので、信頼しています。

    少し使ってみての感想ですが、「メインマシンとして、全然O.Kやん」って感じです。むしろ、普段使っているCF-R6よりかなり快適です。
    方々でレポートされているように、「Windows Vistaでは厳しい」とか「タッチパッドが使いにくい」とかが心配だったのですが、いずれも私としては十分許容範囲でした。

    Vistaでの動作ですが、確かに素の状態ではちょっとしんどいかなと思ったのですが、視覚効果をOFFにしたりとか、SP1にあげたりしたりとかすれば、大分使い物になってきました。
    具体的には、「バッテリー駆動の状態で、サーバーにMPEG2で録画した昨日のWBSをWLAN経由で再生しながら、iTunesでサーバー上のPerfumeの曲をBGMに、FIrefoxでGoogle Readerの記事をチェックしつつ、Windows Live Writerを使ってBlogを書く」なんてことも普通に出来ます。実際に使う前はYouTubeの再生もままならないかなと思ったのですが、蓋を開けてみるとVistaでもかなり使えます(一応、XPのリカバリーディスクも注文しておきましたが)。今後のことを考えると、XPにダウングレードすべきか、悩みどころです。
    ちなみに、グラフィックス性能がプアなのは否めませんが、Google Earthも普通に使えます(さすがに、キビキビというわけにはいきませんが)。

    CF-R6と比べて一番快適になったのは、WXGA(1280x768)のディスプレイと、フルサイズキーボードです。WXGAぐらいあれば、複数のウィンドを開いての作業も実用的に使えますし、Firefoxのマルチパネルもストレスなく使えるので、格段に作業効率が上がりました。キーボードもR6に比べるとかなり大きいので、気を使わずに文字入力が出来ます。これに慣れてしまうと、もうR6には戻れないかもしれません(それはそれで困るのですが、、、)。

    あと、デザインもいいですね。ストイックだけど要所要所にこだわりがあり(ヘアライン仕上げとか、LEDの色とか)、安っぽくなく、まさに「Simple is best」の模範例で、末永く使えそうです。

    これだけの機能がCF-R6の半値程度で買えるのですから、大満足です。

    もう後継機種が出るらしいですが、当面はこれで遊べそうです。

    « 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

    最近のトラックバック