Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    « バッテリー交換(ステップワゴン) | トップページ

    2013年12月31日 (火)

    インテルSRT

    音楽用のPCが音切れし、我慢できなくなってきたので年末年始休暇を使って徹底的に対策しました。

    備忘録としてメモしておきます。

    結論としては、「インテルスマートレスポンステクノロジー」のドライバーが悪さしていたようです。


    【症状】
    iTunesなどで音楽を再生していると、時々(一曲に数回ぐらい)音が途切れる。
    ソフト音源をリアルタイムで演奏している最中も途切れることがある(これが一番つらい)。

    【環境】
    ・PC:Dell XPS8500、i7-3770 3.4GHz, RAM:24.0GB, SSD:M4-CT128 M4SSD3
    ・OS:Win8 64bit
    ・AudioI/O: M-AUDIO FireWire1814 + 玄人志向IEEE1394 PCIe


    【対策1】 オーディオインターフェースの新調
    FireWire1814のドライバが更新されなくなったので、とりあえずWin7 64bit版を使ってましたが、これが問題なのかなと思い、Win8,1にも対応済みの最新のオーディオI/Fを新調しました。
    メインのDTMソフトがCubaseで、かつMIDI IOが必須なので、ヤマハのUR22にしました。
    添付のCDROMに入っていたドライバをインストールし、音を鳴らしてみると、しばらくして、また音切れが、、、愕然。
    ヤマハのサイトから最新のASIO USBドライバをGETしてインストールするも、症状は変わらず。がっくり。


    【対策2】 インテルSRTドライバの更新
    ググってもこのような症状があまり出てこないので、自分のシステム固有の構成を疑ってみる。
    XPS8500には、マザーボード上にmSATAのスロットがあり、SSDが取付けられるようになっている。
    ここに128GBのSSDを装着し、インテルの「スマート・レスポンス・テクノロジー(SRT)」機能を生かしています。
    Cドライブの内容がここにキャッシュされるので、OSの起動やソフト音源の立ち上げが爆速なのですが、これが悪さをしているのではないかと疑ってみました。
    インテルのサイトに行くと、最新のSRTのドライバーが上がっていたので、さっそくインストール
    PCを再起動して音を鳴らしてみると、今までの音の途切れが嘘のように治りました。めでたしめでたし。
    ちなみに、FireWire1814のほうでも、音切れが治ったので、SRTドライバの問題だったようです。
    せっかく買ったUR22は、モバイル用に使うこととします。

    以上

    « バッテリー交換(ステップワゴン) | トップページ

    最近のトラックバック