Friends

  • イクマあきら
    沖縄中心に鋭意活動中。私の師匠。
  • チチノマ
    イイ感じのポップデュオ。バンド版でサポート中。
  • Savin' Grace
    憂いのロックサウンドが君の耳を愛撫する。
  • 551 Street Band
    シャバナ氏率いるスーパーポップスバンド。活動休止中。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BlogParts

  • Twitter

    Sharing

    無料ブログはココログ

    Affiliate

    • CD買うならAmazonで

    2008年8月 1日 (金)

    DS-10

    待望のKORG DS-10、やっと出ましたね。
    我が家にも先週の金曜日に到着しました。

    動かしてみての第一印象は、「これホンマにDSのソフト処理でやってんの?」でした。
    元祖MS-10を2台分+エフェクト+Drum+KAOSSILATORの機能が1つのパッケージに全部つまって、しかもネットワーク連奏機能もあるなんて、にわかに信じがたいです。
    上のデモ映像すごいですよね。ここまできたら完全に「楽器」です。

    スタイラスペンでつまみをグリグリするとちゃんとそれっぽく音が変わるし、パッチをつなぎかえたら予期せぬ(?)音がなるし、名機を忠実に再現しているようです。
    (元)音響信号処理屋としては、どんな実装をしているのか、すごく興味深いです。かなりアセンブラなんかを駆使しているのかな?

    思えば、一番最初に親に買ってもらったシンセがMS-20でした。もう30年ぐらい前になりますかね。あの黒いパネルにつまみがいっぱいあるフェースにすっかり惹かれてしまいました。キーボードも弾けないのに、いろいろと音を作って遊んでました。授業中、机に全部のつまみを書き出して目盛りを書い音作りして、「こんな音がでるな」なんて一人で喜んでるヤツでした。変なヤツでしたね(^_^;  でも、こいつが私の人生を決めたのかもしれません。

    当時、ライバルとしては、YAMAHAのCS-10やROLANDのSystem-100Mがいたわけですが、KORG特有のゴリゴリした音がとっても好きでした。

    まだ全然いじれてないのですが、これから使い込んでいこうかと思います。まずはPerfumeですかね、やっぱり。その前にまずDSを買わないと、、、(息子に頼み込んで時々借用中)。

    2008年2月 3日 (日)

    New Commer

     P1080230_edited_2

    子供たちが庭の雪で「雪だるま」を作りました。

    ちょっとブサイクですが、なかなか愛嬌があります。

    胸元の飾りが工夫ポイントだと主張していました。

     

    2008年1月18日 (金)

    プラダを着た悪魔

    先週借りた標記DVDをまだ見てなかったので、今日見ました。

    私、いわゆる「ラブコメ」もんの映画が好きで、その系統はよく見ます。薬にも毒にもならないので、週末にぼーっと見るのにとってもよいのです。

    で、この映画もその系統かなと思って借りてきたのですが、以外にいろいろ考えさせられた(身につまされた)作品でした。 ストーリーは、作家志望でファションにまったく興味のなかった主人公(アン・ハサウェイ)が腰掛けのつもりで入ったファッション雑誌の編集部で、鬼編集長にしごかれながら成長し、最後に自分の道を見つけていく、というそんなにひねりのない内容です。

    が、魅力的な俳優陣や、素人目にもゴージャスな衣装の数々、それにテンポ感のある進行のおかげで、かなり見ごたえがありました。アン・ハサウェイちゃん、かわいいですねぇ。どんだけ大きいねんちゅうぐらい、目が大きいし。後半ファッションに目覚めてブランドもんもまとって「変身」していく様子は、魅力的でプロモーションビデオを見てるようでした。 メリルストリープの冷徹ぶりもハマってました。見ながら「仕事に魂うってるなぁ」と妙に共感してしまいました。 自分自身、この1,2年ぐらいまさにハサウェイちゃんのように厳しい上司にバリバリしごかれているので、「そうそう、そうだよなー」なんて感情移入しながら見てしまいました(このあたり、細かいことを書くと差し支えるので略)。もっとも私のボスはあそこまでひどくないですが。
    そのおかげで、後半のハサウェイちゃんのように私も最近だいぶダークサイドに踏み込んでしまってますが(^_^;。

    お勧めの映画です。

    今日のSomething News:

    8.「ウェブ国産力」を出張帰りの新幹線で読了。全体に流れる課題意識は最近の自分の意識と近いところがり、特に第2章「ライフログ」のあたりが情報源として参考になった(N905iにも「ライフヒストリービュワ」なるそれっぽい機能が入ってるし。)

    最近のトラックバック